楽や/Rakuya

「楽や/Rakuya」という名前は兵庫県の南西部で使われてる播州弁から付けました。実際は「楽っきゃ(ラッキャ)」っと発音されます。標準語に直すと「余裕(ゆとり)」という意味です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッサンの昔・・・・

こんにちは~今日はまだ寒さはマシです。播州地方は朝雨がポツリポツリと降ってたけど、今は晴れてます。

今日はオッサンの昔ってことで、「オッサンかて若いときがあったんやでぇ」っていう主張をする日記を書きます。

オッサンの若かれしころって言ったらちょうど15年ぐらい前かな。二十歳前後で一番ええ感じのときでした。
地方の大学に行ってて、家族にうるさく言われることもなく平々凡々と毎日を楽しんでました。そのころの生活というと、目が覚めると夕方4時か3時ぐらいでした。それから食パンの淵にマヨネーズを塗って、マヨネーズの囲いの中に生卵を乗せてオーブントースターで焼いて食べてました。
これがなかなかおいしくて、プチプチと表面が焼けたマヨネーズと半熟の目玉焼き溜まりませんでした。飲み物はTパックの紅茶です。
飽きもせず毎日毎日同じぐらいの時間に起きて同じものを食べてました。

それから、バイトの準備をして夏はバイク、冬は車で10kmぐらい離れてる平和堂っていうスーパに行ってました。
自給は800円ぐらいやったと思います。バイト代は安かったけど、何がよかったかって言えば、レジの女の子たちでした。
その女の子と話をするのが楽しみでバイトに行っていたと行ってもええぐらいでした。

従業員しか分からへん音楽がなるとレジが混んできてる合図でした。それを合図に野郎のバイトは全力疾走でレジに向かいます。
レジが混むとレジ補助に他のバイトが入るルールになってました。っでなんで全力疾走かというと、お気に入りの女の子のレジに入るためです。

もちろんそんときお気に入りのレジの女の子はいました。その子を見るためにバイトに行っていたって言っても過言やありません。

レジ補助ももちろんバイトの仕事の一環なんですが、メインの仕事は魚屋さんでした。
魚屋って言っても裁いたりするんやなくて、従業員が切った魚をパックにつめたりする作業です。

ってここまで書いたら日記一回分ですまないので、何回かに分けて連載していきたいと思います。
次回、オッサンの昔シリーズお楽しみに~

関連ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/rakuyaa/
http://yuzuyaa.7.dtiblog.com/
http://yuzuyaa.blog118.fc2.com/
http://blog.goo.ne.jp/yuzuyaa
http://rakuya.paslog.jp/
http://yuzuyaa.blogtribe.org/
http://rakuyaa.seesaa.net/
http://rakuyaaa.seesaa.net/
http://rakuya.cocolog-nifty.com/blog/
http://blog.livedoor.jp/yuzuya/
http://www.pwblog.com/user/yuzuyaa/rakuya/
http://www.pwblog.com/user/yuzuyaa/yuzuyaa/index.html
http://plaza.rakuten.co.jp/yuzuya0401/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzuyaa.blog118.fc2.com/tb.php/248-f9e86e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。